無料ブログ作成サービス JUGEM blogram投票ボタン




ジオターゲティング
「越し」と「ぶり」
0
    数少ない,覚え書きカテゴリーを更新します.
    今回は「〜年越し」と「〜年ぶり」の違い.

    産経新聞のweb記事より,東北新幹線全線開業の記事を例に,「東北新幹線,39年越しの全線開業」「東北新幹線,28年ぶりの全線開業」という表現に関して,昭和47年基本計画策定(→39年越し),昭和57年大宮〜盛岡開業(→28年ぶり)を基準にどのような表現をしているかを解説しておりました.なぜ昭和57年−昭和47年=10年なのに,39年越し−28年ぶり=11年なのか?

    「越し」・・・起算年月日時間を含む
    「ぶり」・・・起算年月日時間を含まない

    大まかには上記のとおりですが,年を扱う場合には期間としての「年」もあるので,何月の出来事かというのが重要になってくるようです.でも「ぶり」を使うことの方がほとんどのような気がします.年次の大会で「2年ぶりの優勝」という場合には,間に2大会あるわけではなくて,間に優勝できなかった年が1大会あるということになりますね.

    元ネタはこちら → http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110102-00000505-san-soci

    | Msa | 覚え書き | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    エンド・クレジット
    0
      この前,アイアンマン2を見に行って,ふと思ったことです.
      「エンド・クレジット」ってなぜクレジット?
      クレジットとは,クレジットカードの意味と同じで「信用」というのが直訳です.そこでいつも便利なWikipediaで調べてみました.

      「作品に携わった人々の功績をたたえて,またその権利を守る」という意味から,クレジットというのだそうです.

      ドラマでよく言われる「エンドロール」,そういう言い方よりもずっと出演者を含めた番組の作り手が尊重されていて良い言い方だと思います.

      「作品に携わった人の功績をたたえて・・・」,仕事が名前で残るというのは羨ましいです.どの部分を作った?などと細かい部分には触れなくとも,映画の上映時間のほんの10秒間でも,自分の名前がそこに流れるのは誇りでしょうね.家族や友人にも自慢できるし,何よりも頑張ってきた自分の達成感が素晴らしいことでしょう.そして映像は保存され,世界中の人に愛され,未来永劫残ります.

      「地図に残る仕事」・・・,工事現場で見たことがありますか?大成建設のキャッチフレーズですね.地図をも変えてしまうような大きな規模の仕事は,何十年もそこに残り続けて,場合によっては世代を超えて時を刻んでゆきます.この前とあるテレビでお寺の改修工事の様子が映し出されていましたが,木組みの一部,組まれると見えなくなってしまう部分にいつ誰が担当した工事だと書いておくことがあるそうです.名前こそ残らずとも,大工事は語り継がれ,未来に残っていくでしょう.

      さて,自分の仕事はどうか?たいていの人がそうであると思いますが,自分がしている仕事に名前は残りません.一応製造業ではありますので,生み出したものは形を持ってこの世に存在するだけまだ良いと思った方がいいかもしれません.自分が設計して出来上がったものを前にすれば,自分自身の誇り,励みにはなります.そういう意味では上記の2つのうちでは後者に近いのかもしれません.

      それにしても,なぜ働くのか?何のために働くのか?・・・最近は帰り道にいつも考えてしまいます.これも現在の心情がなせる業か?去年の今頃なんて,ちょうど忙しかったということもあると思いますが,全くそんなことは思いませんでした.答えが見つからないと毎日の惰性で仕事をしているような気がして,ちょっと嫌な気分です.生きていくため(のお金を得るため)に仕事をするという端的な表現には至りたくない気分です.実際のところはそうだと思いますが・・.

      自分の好きなこと,自分の嫌いなこと,自分が納得できないことがあっても,それが自分の仕事.理由が何であれ,かまわないのかもしれませんが,「自分のため」などと小さなことを言ってないで「誰かのため」に仕事ができるようになると良いなと思います.そうなったときこそ,言葉で表現できなくても,働く真の意味を体得するときなのかもしれません.
      | Msa | 覚え書き | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      定額小為替
      0
        定額小為替
        これのために今日は汗をかきました.「定額小為替」・・つい最近初めて聞いたモノです.普通為替は金額を選ばず(上限はあると思いますが)いくらでも為替にすることができますが,定額小為替はあらかじめ決められた金額の為替を購入するような形をとっていて,組み合わせも可能.小額の為替を発行するのに便利で,発行手数料が普通為替よりも安い(普通420円のところ100円です)のが特徴だそうです.

        為替はお金を直接送らなくてもお金を送ったと同等の意味を持つ紙です.現金は生で郵送することができませんので,必然的に為替にする必要が生じます.こうすることで万が一事故になっても発送側にダメージが及ぶのを防ぎます.日本では江戸時代から既に存在していたとのことですが,よく考えられたシステムです.しかし「ゆうちょ銀行」の窓口が開いている時間にしか発行できません.私の場合最寄りの郵便局は16時で窓口が閉まってしまいますので,平日18時までやっている郵便局へ行かねばなりません.幸い,横浜駅すぐ横の「横浜中央郵便局」が18時まで窓口が開いておりますので,そこに向かうことにしました.しかし会社の終業が17時(ですが,いつもチンタラしてて遅いので17時10分ごろ終業).それから着替えて電車に乗って・・・間に合うかどうか微妙でしたがなんとか17時50分にミッションコンプリート.

        さて,この定額小為替で何をしようってのか.ご存じの方は金額を見てピンと来るはず!わからない方は1カ月ほどお待ちくださいませ.

        <追伸>今回は「為替」のお勉強ということで,久しぶりに「覚え書きカテゴリー」に登録いたします.
        | Msa | 覚え書き | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        段ボールは何才?
        0
          うちの会社では,製品を梱包するのに使っている段ボールの隅に「3才」「2.5才」などと書かれています.どうやらサイズのことらしいですが,なんだか意味不明なので調べてみました.

          段ボールでの「1才」とは1立方尺を表す単位.すなわち約30.3cm×約30.3cm×約30.3cmの立方体の体積のことを「1才」という.
          教えて!gooの同質問の回答より)

          ちなみに10才のことを,1石というそうです.物を運ぶ時,重量ではなく体積(大きさ)として把握することができるようになるため,非常に便利なのだとか.
          | Msa | 覚え書き | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          2方式の違い
          0
            最近増えてきた「歩車分離式交差点」.「スクランブル交差点」とはどう違うのかと会社で話題になっていました.

            「スクランブル交差点」・・・全方向の車の流れを止め,全方向の歩行者の横断を行う交差点で,斜め横断を認めるもの.斜め方向用の歩行者用信号機が設置される.

            「歩車分離式交差点」・・・全方向の車の流れを止め,全方向の歩行者の横断を行う交差点で,斜め横断を認めないもの

            確かに後者の場合,斜めには横断歩道が描かれていません.うちの近くの交差点でも斜め横断している人がいますが,皆交通違反となります.気をつけましょう.
            | Msa | 覚え書き | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
            なぜ4月1日は早生まれか?
            0
              教育基本法や民法の定めるところによれば,学齢期を,満6歳に達した日以後の最初の新学期初日(4月1日)としているため(wikipedia「学齢」より).

              すなわち私は1979年7月6日生まれなので,満6歳となる1985年7月6日以後の最初の4月1日(1986年4月1日)に学齢に達することになる.
              1979年4月1日生まれの人は,満6歳となる1985年4月1日以後の最初の4月1日(つまり6歳となるその日)に学齢に達するため,学年が1つ上に.
              1979年4月2日生まれの人は,満6歳となる1985年4月2日以後の最初の4月1日(1986年4月1日)に就学年齢に達するため,同学年になる.

              以上,覚えておきましょう.
              | Msa | 覚え書き | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |