無料ブログ作成サービス JUGEM

鉄道ランキング

鉄道旅行ランキング

2014年4月〜15年3月生ランキング
←prev entry Top next entry→
新幹線の乗車率のお話
0
    新幹線の電気代は?
    先日,名古屋までの新幹線に4人しか乗っていなくて心配になったお話をしましたが,では新幹線はいったいどれくらいの乗車率であればペイするのか?気になったので調べてみました.

    まず思うのは,新幹線を走らせるのにどれくらい電気代がかかっているのか?・・この答えは検索ですぐ見つかりました.消費電力は16両編成で2万kWh(500系のデータなのでもっと効率上がっていそうですが),1kWhは一般家庭より安い大口契約で12円/kWhとすると24万円.乗客は東京〜新大阪に乗るとして料金(乗車券+特急券)はのぞみ普通車で約1万5千円/人.これで割ると16人となります(参考出典はこちら).つまり電気代だけで見ると16両編成でも普通車に16人以上乗っていればペイできるということでした.乗車率1.2%,1両に1人以上乗ってればいいとは,驚異的ですね.

    もちろん他に車両の維持費,乗務員の人件費,駅等の運営費などがかかりますが,一日の運行本数は350本以上ありますから,これで割れば大したことはないでしょう.それに入ってくる料金を考えると1本列車がの満席で2000万円に比べれば微々たる・・というか料金が高いですね.1日全部満席になれば70億円!・・乗車率の心配はあまりしなくてもよいですね,電気代だけで行けば乗車率1%前後でもペイできますから.でも電気は限りある資源から生まれたものが大半でしょうから,運行本数は絞れるのなら絞ったほうがよいですね.
    | Msa | 鉄道 | comments(0) | - | - | - |
    Comment
    name:
    email:
    url:
    comments: