無料ブログ作成サービス JUGEM blogram投票ボタン




ジオターゲティング
←prev entry Top next entry→
サロンカー
0
     
    今日は少し前のお話・・2カ月くらい前でしょうか.金沢へ出張した時のお話です.

    サロンカーおわら
    国鉄末期の頃から,一風変わった車両が登場しました.今となっては国鉄色と呼ばれるようになった色合いの車両の中にあって,遊び心あふれるものやぐっとシックなものなど,いわゆるジョイフルトレインの登場でした.90年代までが全盛期で今ではめっきり見られなくなりました・・特に関東では485系を改造したお座敷列車も引退時期を迎え,風前の灯火といった状況です.一方で関西では今も現役を続ける車両が居ります.それがこの「サロンカーなにわ」です.登場は1983年ということなのでもう既に34歳!時には団体列車,時にはお召列車として活躍しています.この日は富山で開催された「おわら風の盆」へ向かうお客さんを乗せ,金沢まで走行中.

    最後尾の展望車
    ちょうど横浜へ帰る時間に松任駅にて特急の通過待ちをするということが判明し,見に行ったとこういうわけです.本当に久し振りの出会いで,なんだかとてもカッコよく感じました.実家に住んでいたころは,お昼ごろに大阪を出たと思われる団体列車が15時過ぎに松任駅に停車する,団体列車のスジがあったように思われ,「あすか」や「アストル」はては「ゆうゆうサロン丘山」「フェスタ」など中国地方の車両が来たこともありました.見られるとレアな車両ばかりで楽しかったです.最後尾の展望室にもお客さんがちらほら,そんな昔を懐かしむお客さんもいた・・かな?
    | Msa | 鉄道 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    Comment
    name:
    email:
    url:
    comments:
    Trackback
    http://msablog.jigowatt.org/trackback/1034615