無料ブログ作成サービス JUGEM

鉄道ランキング

鉄道旅行ランキング

2014年4月〜15年3月生ランキング
←prev entry Top next entry→
夏の北海道 その49 〜名残りを惜しむ夜
0
     
    ソファーがベッドに
    食堂車から戻ると,ベッドメイキングに入ります.ソファーだったときと比べると,まず2つあるテーブルを壁側に倒し,2つの座る部分を写真手前側に引いて,背当て部分を倒すとベッドになります.一つ目のベッドは,こちらの写真のように進行方向と平行な向きに寝るベッドが完成します.ベッドの幅は800mmほどで,列車内のベッドといえば・・というようなサイズです.A寝台としては狭いのでしょうか?・・ほかにA寝台に乗ったことがないのでわかりませんが,でも寝るには十分です.

    奥は線路に垂直です
    もう1つのベッドは部屋の入り口から一番奥にあたります.こちらは新たにベッドを作る必要はありません.もう1つのベッドを作るだけで2つのベッドが完成しています.こちらの2つ目のベッドは進行方向に垂直な向きに寝るベッドです.寝台列車に乗ったことがある方はわかるかと思いますが,列車内で寝る向きというのは好みが分かれまして,基本的には列車の進行方向と平行に,しかも進行方向に足を向けて寝るのが一番楽なようです.進行方向に垂直な場合は,列車の加減速に合わせて体が左右に揺さぶられるので,慣れない方は寝られないかもしれませんね.

    カシオペアパジャマ
    ベッドメイキングがおわったら,寝巻にお着替えです.普通の寝台特急ならば,JRのロゴ入り浴衣が普通ですが,カシオペアは専用に浴衣がありました.こちらに着替えて,あとは寝るだけ・・ですが,せっかくのカシオペアですから寝るのはもったいないです.少ししゃべりながら,起きていることにしました.

    乗ってきた「白鳥」とすれ違い
    少し時間を巻き戻し,ベッドメイキングをしている最中のお話.21時30分ごろ「カシオペア」は運転停車しました.あとで調べてみると江差線の上磯駅だったようです.何かの列車とすれ違いだろうなと思って窓の外を見ていると,「スーパー白鳥」がやってきました.・・そう,この「スーパー白鳥」は1日目にトラブルに巻き込まれたときにやむなく乗車した「スーパー白鳥」33号でした.私たちが「スーパー白鳥」に乗車していたのは土曜日でしたので,札幌発の「カシオペア」の運転日です.しかし1週間前の「スーパー白鳥」は「カシオペア」とはすれ違いませんでした.・・当日の「カシオペア」はあの火災のために東室蘭で運転打ち切り.しかし乗客はのせたまま,あの火災のために上野には約6時間半遅延で到着したそうです.

    木古内を通過すると津軽海峡線に入ります.江差線,津軽海峡線を走っている間は個室内の電灯を消すと,外は真っ暗.2階にしてよかったと思ったのは,この時でした.天井に向かって湾曲した窓からは,たくさんの星が瞬く空が見えました.寝ながらにしてそれを楽しむことができました.この区間では客室は北か東を向いて走りますが,カシオペア座も見えた??ような気がしました.

    青函トンネルで本州へ
    「スーパー白鳥」との離合は,あの日の記憶を呼び覚ますかのようでしたが,その離合から約20分して,「カシオペア」は青函トンネルへ突入.いよいよ列車は北海道から本州へと走る地を変えてゆきます.青函トンネル内は北海道新幹線の工事が進んでおり,既に三線軌条は完成済み.鉄道雑誌などの写真を見ると,トンネル前後の高架橋などもかなり工事が進んでいます.すでに在来線は新幹線の高架をよけるように作られていたのですね.ちなみに新幹線が開通すると,架線電圧は20kVから25kVへ昇圧されるため,現在使用されている機関車や列車などはそのまま通過できなくなるようです.トンネル内に走行音がこだまする独特の通過音が静かになった22時30分ごろ,「カシオペア」は無事本州に渡りました.

    憧れの「はまなす」
    客扱いの停車は,函館を出た後は翌朝の仙台までありませんが,先ほどの上磯駅,そして青函トンネルを出た後の蟹田駅でも停車します.時間はトンネルを出て30分後の23時過ぎです.窓の外を見ると,機関車に引かれたブルーの客車列車と離合のようです.再び記憶が1週間前に・・火災事故で運休となった札幌行きの「はまなす」でした.乗車するはずだった憧れの「はまなす」とここで対面することができました.名残りを惜しむ間もなく「はまなす」は函館,札幌を目指して青函トンネルへ向かっていきました.そして「カシオペア」も続けて青森にむかって発車しました.

    青森駅には23時半過ぎに到着.ここで再び列車の進行方向が変わります.いよいよ私たちも消灯して,眠りにつくことになりました.心地よい列車の揺れ,走行音はまさに子守歌,夢の中にはすぐに到着することができました.

    〜その50へつづく(次回完結!)〜
    | Msa | 新婚旅行 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
    Comment
    2013/12/08 11:42 PM posted by: S係長
    最終行程は我等の新婚旅行でもカシオペアでしたから、懐かしく読ませてもらいました。
    季節が違いましたから、日没時間帯は異なりましたけどね。
    思い出残る良い旅をされてきたようで、なによりでしたね。
    2013/12/09 9:45 PM posted by: Msa
    S係長様

    コメントありがとうございます.
    違う季節だと見える景色も違っていいですね.私的には冬こそ北海道と思っているので,冬に乗ってみたいです.
    name:
    email:
    url:
    comments:
    Trackback
    トラックバック機能は終了しました。