無料ブログ作成サービス JUGEM

鉄道ランキング

鉄道旅行ランキング

2014年4月〜15年3月生ランキング
←prev entry Top next entry→
夏の北海道 その48 〜最後の晩餐
0
     
    ディナーチケット
    夜も更けてきて夕食の時間です.「カシオペア」の夕食は,予約制の3回の時間帯と,誰でも気軽に楽しめるパブタイムに分かれています.私たちが予約できたのは3回目の時間帯.20時10分から約1時間のディナータイムとなりました.こちらも先着順なので,1か月前の時点で予約しておかなければいけません.私の場合,切符の発売日,10時打ちの結果を見に行ったとき(発売日当日の11時半ごろ)に予約しましたが,既に希望の時間帯は満席で,3回目にすることにしました.

    テーブルも準備OK
    ディナーの準備ができると,案内の車内放送があります.それをうけて7号車を出発し,食堂車のある3号車に向かいます.4両先ですが,限られたスペースのうち客室に割り当てられたスペースが広いので,通路は狭く,それなりの移動時間がかかります.食堂入口でチケットを渡すと,いよいよディナータイムの始まりです.3回のディナータイムの間にはテーブル準備の時間がとられていますので,セットも完璧なテーブルに案内されます.ちなみに食堂車も2階建ての車両で,2階が食堂スペース,1回が厨房になっています.

    乾杯!
    ディナータイムのお料理はすでに予約時に決まっていますので,こちらではドリンクのみを注文します.迷わずビールを注文しまして,心地よく揺れる車内で乾杯!

    オードブル
    ディナーの内容は懐石料理とフランス料理のコースを選べますが,今回は後者を選択しました.まずはオードブル,「帆立貝柱とサーモンのマリネ 紅白仕立て」です.ご覧いただくとわかる通り,ホタテの貝柱とサーモンをふんだんに使ったお料理です.写真はありませんが,このころにパンをいただくことができます.

    お魚料理
    続いては魚料理,「牡丹海老と白身魚のワイン蒸し 赤ワイン風味のクリームソース」です.お皿全体に広がっているソースは海老はもちろん,白身魚との相性もとても良くておいしくいただきました.

    お肉料理
    そして肉料理,「牛フィレ肉のソテー大地の野菜添え マスタードソース」です.お肉はもちろんやわらかくておいしく,ニンジンとヤングコーンの流れ星もかわいらしいです.

    そしてデザート
    最後はデザート,「スペシャルガトーとグラスの盛合せ」です.北海道の形になっているチョコレート(だったかな?)がのったケーキがおいしかったです.品数はこの4品ですが,やはり「カシオペア」の車内でのお食事,流れる景色を見ながらの食事というのは別格のもので,大満足でした.実際,20時10分からの食事で,北海道内ですから外は真っ暗なのですが,レールのジョイント音と揺れの中が移動中だと感じさせてくれました.

    デザートが出てきたのは,写真の撮影時間からすると21時8分.ちょうど函館駅に到着したころです.函館からは進行方向が変わり,津軽海峡線に入っていよいよ北海道の地を後にする時が近づいてきました.機関車が付け替えられ,21時12分に函館を出発.と同時に私たちもディナータイム終了.北海道での最後の食事を大満足で終えることができました.

    〜その49へつづく〜
    | Msa | 新婚旅行 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    Comment
    name:
    email:
    url:
    comments:
    Trackback
    トラックバック機能は終了しました。