無料ブログ作成サービス JUGEM

鉄道ランキング

鉄道旅行ランキング

2014年4月〜15年3月生ランキング
←prev entry Top next entry→
夏の北海道 その6 〜旅行中最大のトラブル発生!
0
     
    旅行開始からさかのぼること1か月前の6月6日,とある切符を入手してきてほしいとお願いして仕事に行きました.今回の行程でぜひ組み入れてみたかった,最後の定期急行「はまなす」による移動です.「はまなす」は青森〜札幌間の急行で,JRが運行する定期列車の急行としては最後まで残っている列車.これを利用する利点もあります.まず,座席のほかB寝台もあり,寝ている間に移動できること.札幌に早朝に到着するので,行動開始時間が早まり1日を有効に使えること.青森の出発時間が遅いので,ゆっくり夕食等の時間がとれること・・などでした.最後の利点は今回のみ有効かもしれませんが,実際東京を18時56分に新幹線で出発すればこの列車に間に合うので,朝早くから札幌に行くにはこの方法しかありません.

    はまなす寝台券
    当日は無事B寝台券をゲット.「増21号車」とは,通常1号車・2号車の2両連結している寝台車ですが,1号車と2号車の間に増結された寝台車を指します.夏の始まりということもあって,北海道はいいシーズンですから,きっと予約客を見込んでいたのでしょうね.この寝台券をゲットし,わくわくしながら出発の時が刻一刻と近づいてくるのを待ちます.ちなみにこちらの記事の左端が,札幌付近の「はまなす」の時刻表でした.札幌には朝6時7分に到着します.

    「リゾートしらかみ」が定刻で青森駅に到着.途中下車すべく,改札口に向かっている途中で,運行情報の案内を見ました.なんだかおかしなことが書いてありました・・・.再度確認すべく,改札口を出ました.

    運休!?
    な,な,なんと!!!これだけ楽しみにしてきた「はまなす」がピンポイントでその日に運休になってしまいました.この時の情報ではほとんど何もわからなかったのですが,函館線で車両火災があったらしい.駅員さんに尋ねても,それ以上のことはわかりませんでした.とりあえず「はまなす」は運休ということで・・・とりあえずじゃない!明日以降の予定はどうなってしまうのか!?明日の朝,札幌に着いたら次の目的地に移動してレンタカーを借りることになっているのに.このまま青森泊にすると,明日の予定していたスケジュールが滅茶苦茶になることは確実でした.ほぼ目的地に移動するだけで1日終わり,レンタカーも宿もキャンセルになってしまうかも.

    しかし幸いなことに,函館に向かう最終の「スーパー白鳥」が残っていました.さっき新青森で「あれには乗らないから」と妻に説明したばかりの「スーパー白鳥」でした.でも現状ではこれに乗って函館にわたってしまうのがベストと判断し,みどりの窓口で「はまなす」の急行券,寝台券を泣く泣くキャンセルし,「スーパー白鳥」の指定券を出してもらいました.上記の写真の切符ともお別れ,「リゾートしらかみ」の下車から30分後,夕食もお風呂もなく,青森を後にしました・・

    青函トンネルのご案内
    「スーパー白鳥」に乗ってからしばらくは,このあとどうなってしまうんだろうと心配事が尽きませんでした.まだ旅行の初日なのに・・・.「はまなす」を楽しみにしていたことなど忘れて,心配ばかりでした.一方妻はなんだか楽しそう.その性格,羨ましくも思います.心配ばかりしていてもはじまらないので,函館についてから考えることにしました.青森駅の売店で買ってくれていた焼き鯖寿司を食べながら,本州を後にしました.本来は往復どちらも寝ながら通るはずだった青函トンネルに突入です.

    函館に到着
    青森を出発して約2時間.「スーパー白鳥」は時刻通り函館駅に到着しました.手持ちの乗車券では,五稜郭で折り返して函館本線を進むことになっていたので,函館駅での下車には200円が必要でした(駅員さんは新人さんだったようで,最初は「どうぞ」なんていって途中下車扱いしてくれそうになっていましたので,「乗り越し分ですよ」と自らお金を払ってきた形になりました).駅員さんに聞くとだんだん状況がわかってきて,特急「北斗」が車両火災を起こしたこと,駅ではない本線上に列車が停止したままであること,国交省の調査が終わるまで車両は動かせないこと・・・つまり,明日の朝になっても札幌行きの特急が出発するかどうかという保証がないのです.

    夜の函館駅
    函館から札幌までの移動手段・・夜行の高速バスは既に満席になっていたので,その日の移動手段はなく・・しかし幸いなことに宿を見つけることができました.まずはそちらに入って対策を考えようということになりました.長万部より南が不通になっていたので,長万部まで行ければ14時頃には次の目的地に着ける・・だとか.しかし結局は運を天に任せて,明日の朝イチの「スーパー北斗」が走ってくれることを祈ることにしました.そうすれば,昼過ぎには次の目的地に着けます.少しでも7月7日に予定していたことをこなせるだろうと.

    ようやく本題通り,北海道へ入ることができましたが,全く予期せぬ形での北海道入りとなりました.予定外の函館宿泊もあり・・この先どうなってしまうのやら.

    〜その7へつづく〜
    | Msa | 新婚旅行 | comments(8) | trackbacks(0) | - | - |
    Comment
    2013/07/24 12:24 AM posted by: S係長
    青森でホテル取って宿泊されたのかと、思ってました。函館で一泊出来て良かったですな。
    2013/07/24 9:25 PM posted by: Msa
    S係長様

    コメントありがとうございます.
    「スーパー白鳥」がまだあるうちに青森につけたのは幸いでした.あと30分以上遅かったら・・と思うと,そのあとどうなっていたことやら.ご心配いただきありがとうございました.
    2013/07/24 10:52 PM posted by: mpzu
    いつもありがとうございます!
    函館ー五稜郭の駅ロゴ…懐かしいです。
    昨年10月、函館に宿泊して大沼公園へ電車で行きました。帰りは五稜郭で下車し、五稜郭に行きました。
    ニュースでもあったトラブルにぶつかり大変でした。それも思い出でしょうか〜<(_ _)>
    2013/07/24 11:18 PM posted by: ちろ
    とんだ災難でしたね…
    私も以前一本前の列車が発火して乗車できなかったことがあります。吹雪による運休ならあきらめがつきますが、夏場にこれはたまらないですね…
    2013/07/25 11:12 AM posted by: アサンの風
    Msa さんお久しぶりです。せっかくの旅行がそれも楽しみにされていた列車の利用ができなくなりお気の毒でしたね。

    しかしこういったアクシデントのリカバリーを全て客任せにしてしまうのってどうなんでしょうかね…
    少々憤りを感じてしまいます。

    しかしこれこそが個人で旅する事の醍醐味かもしれませんね!
    お気を付けて楽しんできてください。。。
    2013/07/25 7:23 PM posted by: Msa
    mozu様(かな?)

    コメントありがとうございます.
    私も初めての北海道は函館と大沼公園でした.主目的が別にあったので,そのときはそれだけで日帰りしてしまったのですが,今回はゆっくりとできました.トラブルがあってこそ,こうして話題にできるというものですが,無いのが望ましいですね.
    2013/07/25 7:26 PM posted by: Msa
    ちろ様

    コメントありがとうございます.
    お察しのとおりのご覧の結果でした.私の場合は旅行でしたが,仕事の行程でトラブルに巻き込まれるのも大変ですね.夜だったということもありかなり焦りました.夜だったからすぐ体を休めることができたのですが.
    2013/07/25 7:31 PM posted by: Msa
    アサンの風様

    コメントありがとうございます.
    他より楽しみにしていた列車だったので残念でしたが,本日の記事で明らかになりますがうまく切り抜けられたので,今となっては笑って話せます.寝台料金が払い戻しになったので,ホテルに泊まっても結局トントンですみましたし・・・ただ当時の私はかなり焦っていました.
    name:
    email:
    url:
    comments:
    Trackback
    トラックバック機能は終了しました。