無料ブログ作成サービス JUGEM blogram投票ボタン




ジオターゲティング
←prev entry Top next entry→
エヴァンゲリオンと日本刀 展
0
     
    さて,以前ご紹介した赤穂線に乗って行った先のお話をようやくご紹介しましょう.赤穂線で切符を買ったのは日生(ひなせ)までですが,その5つ手前の香登(かがと)駅で下車します.行先の案内ではさらにひとつ前の長船(おさふね)で降りるように指示があるのですが,歩く距離を考えると一つ先の方がよいような気がして・・.長船までは電車が30分に一本なので,そういう案内なのだろうなと思います.

    香登駅から歩きます
    歩いて行く道はご覧の通り,写真は後半のものですが,ルート前半は国道2号線にそってひたすら歩いていきます.後半は国道からそれた田んぼの中の道をたどっていきます.お天気が非常によかったので暑かったです.ですが,山もあって田んぼもあって・・というのは実家のあるあたりと似たような景色なのでなんだか落ち着きます.

    長船刀剣の里
    香登駅から歩くこと約1.5km,到着しましたのは「備前おさふね刀剣の里」です.博物館と刀に関する職場が集まった場所で,ここでは現在「エヴァンゲリオンと日本刀」展が開催されています.ズバリ目的はこれでした.ここ備前長船は,戦国時代ごろに西の武器庫と呼ばれるほど刀剣の製作が盛んな地区でした(ちなみに東は現在も実用刃物で有名な美濃です).

    備前長船刀剣博物館
    刀剣の里の一角にある,備前長船刀剣博物館.こちらでその展示会が開催されています.特別展ということだったので,博物館の一部で開かれているのかと思いきや,結構な展示物がエヴァ関係でビックリでした.入口にも今回の展示に合わせ各キャラクターが刀を持ったパネルが・・.ここまでは無料でも来ることができます.

    ロンギヌスの槍
    さて,普通博物館といえば撮影NGですが.今回は撮影OKということでしたので,いくつか撮影してきたものをご紹介いたします.まずは「ロンギヌスの槍」,全長3m強でかなり迫力があります.重さは22kgと見た目通りといった感じです.ちゃんと二重らせんの部分もきれいに作られていて見ごたえがありました.

    プログレッシヴナイフ
    こちらは初号機の肩に装備されているプログレッシヴナイフをモデルとしたものです.全長42cm,重さ1kgとちょっと重めですが.雰囲気はよく出ていますよね.

    エヴァ零号機イメージ
    ここからは各EVAのカラーやキャラクターイメージに合わせて制作された刀剣類.まずはエヴァ零号機をイメージした脇指です.刀の表面には龍の彫刻が施されていて,とても緻密で細かい加工でした.そして鞘は零号機のオレンジ色です.よく見ると後ろのパネルで綾波レイが持っているものと同じですね.

    エヴァ五号機パイロットイメージ
    つづいて仮設五号機パイロットだった真希波・マリ・イラストリアスが弐号機に搭乗した際のプラグスーツ色ピンクにあわせて製作された短刀です.鞘にはネルフマークも入っています.

    エヴァ弐号機イメージ
    つづいて弐号機パイロット,式波・アスカ・ラングレーをイメージした短刀です.赤い鞘が印象的ですが,もう一つ注目ポイント.写真左に立っているのが短刀本体ですが,中央部に刀の胴体が一部くりぬかれている部分があります.ここにはアスカの彫刻が施されていて,刀を表から見たときにはアスカも表から,裏から見たときにはバックショットが刻まれています.

    エヴァ初号機イメージ
    最後に初号機が持つための「カウンターソード」.これは柄の部分も含めてよく出来ていますが,ゲームに出てくるエヴァが使用する装備として存在するものとのこと.なかなかカッコよかったです.

    というわけで,ごく一部をご紹介しましたが,このほかにも展示はたくさんありますので,楽しめると思います.私も思いのほか楽しんで展示を見ることができました.ただし,この展示来週の月曜日までです.お出かけになるかたはご注意ください.

    | Msa | EVA関係 | comments(8) | trackbacks(1) | - | - |
    Comment
    2012/09/08 12:35 PM posted by: カノッチ
    こんにちは。
    エヴァンゲリオンと日本刀展、おもしろい企画があったものですね。
    プログレッシブナイフも悪くないけど、零号機イメージの脇差しがいいなあ。
    2012/09/08 2:02 PM posted by: Msa
    カノッチ様

    コメントありがとうございます.タイトルだけ聞いていると脈絡のない感じがしますが,行ってみてびっくりの企画展でした.写真では全体を撮影していますが,細かく見ていくといろいろこだわりの部分があったりして,よく考えられた展示でした.おもしろかったです.
    2012/09/08 7:31 PM posted by: くっちゃん
    エヴァがこんなところにも… すごいですねぇ
    この企画をやろう、と目をつけた人もすごい!

    2012/09/09 7:51 AM posted by: Msa
    くっちゃん様

    コメントありがとうございます.どういう経緯でこのような企画が誕生したのかわかりませんが,エヴァの小説などでは兵装として「ビゼンオサフネ」という名の刀が登場するようですよ.とにかく面白い展示でした.
    2012/09/13 10:48 PM posted by: 万葉樹
    エヴァはあまり観たことないのですが、これは侍マニアなら楽しめる企画ですね。キャラクターをイメージして職人さんにつくらせたというのが凄い。

    おもしろい記事ですので、かってながら、TB&リンクさせていただきました。
    2012/09/14 6:42 AM posted by: Msa
    万葉樹様

    コメント&トラックバックありがとうございました.
    日本刀という固定観念を越えた作品の数々に舌を巻く展示ばかりで,確かにエヴァを知らない人でも楽しめるようになっていました.今週末で展示が終わってしまうのが惜しいくらいです.
    2012/10/10 6:10 PM posted by: ばっしい
    はじめまして。

    夏休みに横浜から岡山城に行った際にポスターを見かけました。

    少し距離があったので行かなかったのですが、後悔しています。

    でも、ブログを拝見できたおかげで、雰囲気とか感じられたのはラッキーでした。

    ありがとうございます♪
    2012/10/10 8:42 PM posted by: Msa
    ばっしい様

    コメントありがとうございます.現物をご覧いただけなかったのは残念です.どんな内容か分らなかったので,期待も不安もなく行ったせいか,思いのほか楽しく見学できました.お役に立てまして光栄です.
    name:
    email:
    url:
    comments:
    Trackback
    http://msablog.jigowatt.org/trackback/1033517
    2012/09/13 10:42 PM posted by: 陽出る処の書紀
    気分転換にある農村にある資料館に出かけたときのことなど。そして、ある人気アニメと博物館のコラボについて。