無料ブログ作成サービス JUGEM blogram投票ボタン




ジオターゲティング
本日,最終の時間旅行
0
     
    バックトウザフューチャー・ザ・ライド
    2001年に大阪にオープンしたUSJことユニバーサルスタジオジャパン.これらのスタジオにとっては,ハリウッド,フロリダに続く3か所目のパークとして開業しました.開業当初に開設されたアトラクションのいくつかは,既に別のアトラクションに切り替わって現在に至るのですが,(あくまで私にとって)メインのアトラクションである「バック・トゥ・ザ・フューチャー・ザ・ライド」が本日幕を閉じることとなりました.クローズする理由は良くわかりませんが,一番は未来が現在に追いついたから?でしょうか.アトラクション内で繰り広げられる時間旅行は,今日が最後でした.

    デロリアン in USJ
    このライドに乗った回数は良くわかりませんが,私が最初に体験したのは今から24年前のフロリダでのこと.当時はフロリダにしかなかったこのアトラクションに映画の内容も知らずに乗ったのでした.それ以来この映画にドはまりしたのは言うまでもありません.その後,日本でもこれを体験できることになりましたが,フロリダとハリウッドでは既にアトラクションがクローズしていました.この映画が好きになるきっかけを与えてくれたアトラクションだけに寂しい限りです.もう一度行っておきたかったです.しばらく映画そのものも見ておりませんが,機会を見つけて改めて楽しみたいと思います.
    | Msa | BTTF | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    いよいよ明日!
    0
       
      タイムトラベルを描いた映画は数あれど,実際に到達できる未来を描いているものはあまりないかもしれません.私が大好きな「バック・トゥ・ザ・フューチャー」はその中でも秀逸の作品と思います.よくある3部作構成を取りながら,最後の完結まで飽きさせないつくりになっていて,過去現在未来と時間を絡めながら物語が展開されていきます.未来の描写はパート2に登場し,ドクとマーティがジェニファーを伴って1985年から向かう先が2015年10月21日午後4時29分です.つまり明日の午後です!(もっともアメリカでのお話なので,実際には日本時間2015年10月22日午前8時29分でしょうか)

      30年前に描かれた未来の日が明日来るなんて,何だかフィクションでもワクワクしてしまいます.映画の中では車が空を飛び,秒単位で天気予報が可能になり,ロボットがウェイターになったり犬の散歩をしたり,靴やジャケットは自動で体型に合わせてくれて,指紋で鍵が開いたりお金を支払ったり…実現しているものとそうでないものがありますが,どれも面白みのある製品ですね.

      しかし意外だったのは,明日その日を迎えるということをファンはもちろんのこと,ファン以外のメディア等で盛り上がっていることです.マメ知識でしかないこの情報を知っていても「へ〜」と思うだけでしょうが,果てしない時の流れの中の一瞬しかその時がないことを改めて考えながら,その時間を迎えてみてもいいのではないでしょうか.

      JALの冊子に
      さて,ついでにBTTFネタを2題.JALの機内誌にUSJのBTTFライドの記事が載っていました.これまでこのアトラクションのスポンサーはトヨタでしたが,最近JALにかわった影響かと思います.以前はトヨタのロゴがアトラクション内の映像に登場していたのですが,それはどうなったのでしょう?JALに差し変わったのかな?

      BTTF大図鑑
      もう一つはこちらの本.先々週に発売になりました「バック・トゥ・ザ・フューチャー大図鑑」です.映画製作に携わったスタッフの記録を書き起こしたものということで,今回初登場の内容や写真もあります.文章も思いの外たくさん載っているので,時間があるときにじっくり読んでみたいと思います.
      | Msa | BTTF | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      夢のひと時,再び
      0
         
        ホテルグランドパレス
        8月も残すところあと2回の週末を残すのみとなってしまいました.早いですね.そんな今日も時折雲が出るものの暑い一日となっております.そんな中,今日は朝から東京は九段下へお出かけしました.この週末は某chで24時間テレビが放送されているため,そちらへ向かうお客さんが多数の中,私は違う出口へ・・到着したのはホテルグランドパレスです.ここで何が開催されるかと申しますと,以前ちょっとだけご紹介した「ハリウッド・コレクターズ・コンベンション」です.今回が7回目となる同イベント,目玉は今年公開30周年の節目の年を迎えた「バック・トゥ・ザ・フューチャー」のキャストとの写真撮影です.

        以前,初めてこのコンベンションが開かれた時もこの会場でした.その時も直前に開催を知って訪れており今回が二回目となりますが,以前と違って当日先着順ではなく事前申込制だったため,非常にスムーズに撮影することができました.今回はドク役のクリストファー・ロイド氏とロレイン役のリー・トンプソン氏が来日し参加予定だったのですが,リー・トンプソン氏は本業の仕事が急きょ入り参加できなくなったため,マーティの恋人ジェニファー役(パート1のみ)を務めたクラウディア・ウェルズ氏がピンチヒッターとして来日しました.どちらにしてもこの30周年の節目の年,記念すべきイベントです.写真撮影は時間で区切られていたのであっという間に自分の番になり,緊張する暇もありませんでしたが,握手とお礼の言葉を交わし,撮影も無事終了.連日お疲れの中でしょうが,相変わらずジェントルな対応に脱帽です.今回はお二人と肩を組ませていただきましたが,こんな数少ない機会に参加することが出来,家宝がまた一つ増えました.短時間でしたが,心に残る楽しいひと時でした.
        | Msa | BTTF | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        生演奏と映画
        0
           
          コンサート形式の上映会
          ※イベントホームページよりキャプチャ


          以前もご紹介しましたが,今年は「バック・トゥ・ザ・フューチャー」公開30周年の節目の年,そして作品内で1985年を旅立ち向かった先が2015年というころで,ダブルでおめでたい年です.8月にはハリウッド・コレクターズ・コンベンションというイベントが開かれますが,そのあと11月23日にもご覧のイベントが開かれるそうです.どのようなイベントかというと,基本的には映画の上映会なのですが,普通と少し違うのは劇中の音楽が全て「生演奏」ということ.既にアメリカやイギリスでは同様のイベントが開かれているようで,好評を得ているとか.確かに生演奏での映画なんて,まず普通はあり得ませんからものすごい迫力でしょうね.

          ぜひ見てみたい!!となりますが,11月23日は大事な別の用事がありますので私は参加できませんが,昨日から先行発売が開始されておりますので,こちらのホームページをご覧いただき,お申し込みください.
          | Msa | BTTF | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          30周年!!
          0
             
            思い出の復刻版
            昨日,7月3日は不朽の名作「バック・トゥ・ザ・フューチャー」の全米公開日.映画の舞台と同じ1985年の公開でしたので,今年でちょうど30年を迎えます.映画では3部作を通じて,1985年10月25日から10月27日までの3日間のお話(もちろんその間にタイムスリップをし,2週間強を過ごしていることになる)なので,映画公開時点でもすぐ先の未来のお話だったということになります.ちなみに日本での公開は1985年12月7日,残念ながら過去のお話という設定になってしまいました.前回,四半世紀を迎えた25周年でも出演している俳優陣が一堂に会したり,盛り上がりを見せておりましたが,それは今年がさらに上回ることでしょう.なぜなら今年は,パート2で描かれた30年後の未来のその年だからです.

            BTTF年鑑!?
            こちらはそのうちの一つのアイテム,映画本編に加え数々のコレクタブルアイテムや関連グッズ30年分をまとめた本です.この本の発売が発表された際には,ついつい購入してしまいました.中身は英語ですが,写真もいっぱいなので映画を知って居る方なら楽しめる内容となっております.まだまだ中身にはすべて目を通せていないほどのページ数もあり,じっくり読むのが楽しみです.・・問題はそんな時間があるのかどうかというところで.

            日本でもイベントがあります.以前,私も行ったハリウッド・コレクターズ・コンベンションというイベントが8月下旬に開催され,その会場にて「ドク」ことクリストファー・ロイド氏が一昨年に続き再び来日し,写真撮影会とサイン会を開催します.今回は前回からさらにグレードアップし,クリストファー・ロイド氏に加えて,「ロレイン・ベインズ」役のリー・トンプソン氏も来日!!・・ん〜,行きたい!申し込んじゃおうかな.気になる方はこちらへ.
            | Msa | BTTF | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
            未来の乗り物がやってきた!
            0
                
              一番最初にこのモノのことをこちらのブログでご紹介してから約1年.ご紹介が遅れたのもありますが,ついに我が家に未来がやってきました.

              箱の表
              こちら,未来の乗り物「ホバーボード」です.バック・トゥ・ザ・フューチャー・パート2とパート3に登場するので,映画をご覧になったことのある方はご存知だと思います.映画の中の世界では,ホバリング技術が進化し,2015年(現実では再来年ですが)には車が空を飛ぶ社会になっています.スケートボードも例外ではなく,子供の遊びにもこの技術は応用されているんですね.あらゆるものが重力に反して宙に浮いています.

              箱の裏
              箱の裏面には説明書きがあります.映画に登場するのはこのものと同じピンク色のホバーボードですが,よく見ると青と赤もラインナップにあるのですね.映画の中ではもちろん子供の遊び道具として登場します.女の子が乗って遊んでいるので,ボードだけではなくて,自転車のようなハンドルがついています(掴まるだけで操縦はできないと思います).

              本体
              そして箱の中から現れましたのは「ホバーボード」本体です.足を丸いところに乗せて,後ろ足になるところには足を固定するためのベルトがついています.実に映画の中と同じデザインで忠実に再現されています.再現されていないところといえば,やはり宙には浮かないところでしょうか.

              まだ箱から出してみただけなので,詳細までは見ていませんが,時間のある時にじっくり見てみたいです.
              | Msa | BTTF | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
              一生に一度の体験
              0
                 
                ハリウッドコレクターズコンベンション会場
                おとといの夜まで全く知らなかったのですが,この3連休で日本では初となるハリウッド映画の展示会「ハリウッドコレクターズコンベンション」が開催されました.金曜日は静岡で,昨日は東京で,今日は浦安で連日移動しながらの開催.日本の映画グッズ関連の販売なども行われ,多数の来場者でにぎわっておりました.

                スポーツ年鑑(非売品)
                映画グッズの販売もメインですが(写真の「スポーツ年鑑」もブースにあったものです),今回はもう一つビッグなイベントが行われました.すでにニュースなどでご存知の方も多いと思いますが(私は金曜日まで知りませんでしたが),「バック・トゥ・ザ・フューチャー」シリーズでドク=エメット・ブラウン博士を演じたクリストファー・ロイド氏が22年ぶりに来日し,サイン会と写真撮影会をするとのこと.こんなチャンスなどないと思っていた私にとっては,これを逃しては二度と来ないであろう朗報.さっそく向かうこととなりました.

                会場は九段下のホテルグランドパレスの地下ホール.私が到着した時にはすでに整理券は500番台に突入しておりまして(ちなみに当時呼ばれていた整理券は150番ほど),いつになるのだろうと思いましたが,別の用事をこなして会場に戻った時にはまだ400番台・・・結局待ち時間は整理券を入手してから5時間ほど後となりました.立ち疲れましたが,あとのことを思えば全然苦になりません.

                サイン入りピンナップ
                無事写真撮影とサインをゲット!待ったかいがありました.サインしてもらうポートレートにはいろいろ種類がありましたが,私はやっぱり最初のタイムトラベル実験シーンが好きなので,このシーンを選びました.ご丁寧にフルネームでサインをしてくださいました.まさか自分がハリウッドスターにこうしてサインをもらったり,一緒に写真を撮ったり,握手してもらったり・・・ましてや自分の大好きな映画に出ている人だと思うと喜びもひとしおです.この人がBTTF3部作に出てた!ほかの映画にも出ていた!GarbarinoのCMにも出ていたのです.写真撮影の際には肩に手を回してもらいました,私も負けじと(?)ロイド氏の肩に馴れ馴れしくも手をまわしてしまいました.本当に寛大な方でよかったです.残念ながら写真はこちらには載せませんが,代わりに私のポートレートにサイン中のロイド氏の写真を.本当にありがたい体験,一生に一度の体験になりました.

                ロイド氏がサインを!!!
                | Msa | BTTF | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                島津製作所のポスター
                0
                   
                  「島津製作所」といえば,各種試験機器などを開発している会社です.2002年に田中さんがノーベル化学賞をとったことでも知られるようになりましたね.そんな島津製作所が企業広告を出しているのですが(このことも知らなかったです),今日はそのお話.

                  昨日の熊本からの帰りの新幹線で,京都駅に着いた時のことです.11番線に停車,私はD席だったので,在来線ホームのある側(京都駅ビル側)の景色を眺めておりました.ちょうど近鉄電車が奈良方面へ出発していくのが見えた後に,透明な壁があるのですが,その一部に数枚の企業広告が並んでいます.そのうちの1枚,最終的に8号車にいて過ぎ去ってしまったので,真ん中寄り博多寄りに設置されているものに目が留まりました・・過ぎ去りましたが.

                  !?デロリアン!!?
                  どうやらその時に見たのが,こちら(の広告枠の形に合わせた変形バージョンと思われる)

                  島津製作所 広告
                  「バック・トゥ・ザ・フューチャー」仕様のデロリアンが江戸時代の街並みに停まっているというもの.そして子供がのぞきこんでいます.真偽のほどを確かめようと思い,帰宅してからホームページを見たらこれだとわかったのです.子供のころから科学に興味を持っている,島津製作所の創業者は江戸時代の人(写真の子供?),ということで創業以来の化学を通じた社会貢献を表したポスターとのこと.

                  この「デロリアン」はフュージョンが付いていないので,パート1の仕様ですね.いったいどこから持ってきたんでしょう.こちら(PCサイト)では,より大きなPDFのポスターも見られます.
                  | Msa | BTTF | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
                  あこがれのとけい
                  0
                     
                    ずっと憧れていた時計があります.以前金沢の雑貨屋さんで目にしたことがあるのですが,まあ入手できなくなるものではないと思って,その時はスルーしましたが,思い立ったが吉日,ショッピングサイトの期間限定ポイントもあるし,それを使って買うことにしました.

                    何の時計かといえば,こちらの映画のワンカットをご覧ください.

                    映画登場シーン
                    見覚えのある方もいらっしゃるかと思います.映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」の冒頭,時計ばかりが出てくるシーンです.ちなみにこの時計たちが出てくるのは,始まって1分くらいのころです.ネコ,フクロウ,イヌの3つの時計は,様々な時計が登場する中でも特に異彩を放って印象に残ったものです.そう,これを購入いたしました.

                    ねこのすみか
                    こちらが,このネコのすみか(時計の化粧箱).商品名は"Kit-Cat Klock"といいます.普通時計を指す単語は"Clock"ですが,なぜか"Klock"になっております.アメリカ製です.初めて生産されたのは1932年といいますから,すでに今年で80歳!こんなユニークな時計が80年前からあるとは驚きです.箱を開けてみますと,こちらの時計が現れます(シッポは別パーツで後付けです).

                    ねこ現物
                    おお,映画とおんなじです.まさか我が家にこの時計が!と信じられない感じ.単2電池2本と,ちょっと電気食いですが,さっそく装着してみることに・・・時計は動き始めたのですが(それも秒針がないためほとんど音がしません),肝心の部分が動かない.説明書を読むと,結構厳密に水平垂直に設置しなければいけないようです.うちは賃貸なので,どこにでも設置できるわけではなく,押しピンがさせそうなところに引っかけているのですが,壁には段差が・・.この段差に対して適当な厚さのものを差し込んでシッポをちょいと動かしてみると.動いた!・・この感動は動画でお楽しみください.


                    (携帯,タグが見えている方はこちらからどうぞ)

                    こうして,映画と同じ動きがうちにやってきたのでした.平日日中はうちにほとんどいないので,この子ひとり頑張って部屋を見張ってくれています.動きのあるものがうちにきてくれたおかげで,ちょっと楽しくなりました.

                    ちなみに仲間として蝶ネクタイの代わりにネックレスを付けた,つけまつげの女の子(ネコ)や,赤や水色といった別の色のものもあります.フクロウとイヌのは現在のラインナップにはないみたいです.
                    | Msa | BTTF | comments(6) | trackbacks(0) | - | - |
                    1年5カ月前の再会
                    0
                       
                      BTTF Reunion!!
                      約1年と5か月前のことになりますが,バック・トゥ・ザ・フューチャーのブルーレイBOXが発売となりました.ちょうど映画公開から30年,劇中メインとなる1985年10月26日からちょうど25年にあたる日です.当日はブルーレイが届いて見るやなんやでてんやわんやだったのですが,本国アメリカではこんな素敵な番組が展開されておりました.紹介しなきゃと思いつつ1年5カ月・・時間かかりすぎです.


                      (携帯の方,タグが見える方はこちらから.動画です)

                      NBCのテレビ番組"TODAY"より,25周年で再び集ったキャストとクルーです.ひな壇左下より,マーティ役マイケル・J・フォックス,ドク役クリストファー・ロイド,ロレイン役リー・トンプソン,2段目左より監督ロバート・ゼメキス,主題歌(そして先生役)ヒューイ・ルイス,クララ役メアリー・スティーンバージェン.これだけのメンバーが25年の時を経て集合するとはなんと豪華な.アメリカの番組なので当然字幕なしですが,耳を凝らして聞いてみましょう.

                      ついでにもう2つ動画をご紹介.

                      1つ目は映画音楽の再演.普通映画の音楽はスタジオで収録されるもので,一般の人がその音楽を生で体感することはできないのですが,海外ではこのようなことがあるのですね.映像はウィーンで昨年演奏されたものだそうです.しかも作曲者自身の指揮で!・・一度見てみたいものです.


                      (携帯の方,タグが見える方はこちらから.動画です)

                      もう1つは,「サマータイムマシンブルース」予告編,バック・トウ・ザ・フューチャーならぬバック・トゥ・ザ・「昨日」をコンセプトとして2005年に製作された映画です.元は舞台作品のようですが,とても面白い映画です.SF研究会と写真部が同居する建物のクーラーが・・・そこになぜかタイムマシンが・・・という不純な動機で始まる物語,小規模ながらも様々な伏線をちりばめながらコンパクトにまとまった良い作品です.久しぶりに見たくなったなぁ.


                      (携帯の方,タグが見える方はこちらから.動画です)

                      私がバック・トゥ・ザ・フューチャーに出会って間もなく丸20年(正確な日付は明確でないですが・・多分1992年4月1日に出会ったのです).それから今まで死ぬほど見たけども,まだ死なないから見ちゃうというとてつもない作品です.さすがにブルーレイ買ってから何度も見てるわけではないですが,それでもDVD2セットとブルーレイ・・同じ作品で3セットも持ってるのは現在のところこの作品だけですから(^^;;.間もなく2015年がやってきますが,そこでも何かイベントがありそうですね.2015年10月21日(水曜日),マーティーとドクが1985年からやってくる日です.そのころは私含め,皆さんどうしてるでしょうね?
                      | Msa | BTTF | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |