無料ブログ作成サービス JUGEM blogram投票ボタン




ジオターゲティング
今年もおひなさま
0
     
    ことしもひなまつり
    2月も半分を過ぎて,少し春の足音が聞こえてきました.暖かい気温の数字が散見される週間天気予報に春を感じます.3月ももうすぐ・・仕事が忙しくなるので来てほしくないような,でも乗り越えて楽になりたいような(楽にはなれないか・・).もうすぐ3月ということで先週末にひな飾りを出しました.2回目だったので初めての去年よりはスムーズに飾ることができました.去年何を苦労したかというと,お内裏様の帽子の顎ひも.人形に触れないように白手袋をして,結べないんです.で,去年は結んだまま帽子を外して片付けました.それが功を奏したのかもしれません.助かるのは,娘がいたずらしようとしないこと.いつも行かない部屋にあるからかもしれませんが,今後も被害が出ませんように.

    ちなみに覚え書き,「お内裏様とお雛様」という表現は間違っているそうです.実際は「お内裏様」でお殿様とお姫様の二人をさし,「お雛様」で男雛と女雛の二人をさすそうなので,何のことを言っているのかわからないことになります.正しくは男雛と女雛でいいんですかね?
    | Msa | 覚え書き | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    関東から北陸行き
    0
       
      いちばん安いのは?
      開業してもう何度も金沢へ行っておりますが,いつも金額で迷うので,横浜市内から金沢までの料金(北陸新幹線に東京で乗り換える場合)を調べて記録しておきます.丸数字は全体順位.

      1)北陸新幹線で往復する場合
      通常料金
      特急券6,780円+乗車券7,560円=14,340円(往復28,680円)

      eきっぷ
      (J-westカード会員専用:変更可)
      特急券6,140円+乗車券7,560円=13,700円(往復27,400円)

      WEB早得1
      (e5489会員専用:1日前までの予約,変更・途中下車不可,乗車券込)
      12,700円+390円(都区内までのきっぷ)(往復26,180円)

      e早得1
      (J-westカード会員専用:1日前までの予約,変更・途中下車不可,乗車券込)
      12,130円+390円(都区内までのきっぷ)(往復25,040円)

      2)北陸新幹線,東海道新幹線一周する場合
      つ名鑪繕
      特急券6,780円(北陸)+特急券6,400円(東海道)+乗車券12,960円=26,140円

      eきっぷ
      (J-westカード会員専用:変更可)
      F探涎6,140円(北陸)+特急券6,400円(東海道)+乗車券12,960円=25,500円
      特急券6,140円(北陸)+特急券6,230円(eきっぷ+EX予約)+乗車券12,960円=25,330円

      WEB早得1
      (e5489会員専用:北陸区間は1日前までの予約,変更不可,乗車券込)
      12,700円+390円(都区内までのきっぷ)+特急券6,400円(東海道)+乗車券9,290円=28,780円

      e早得1
      (J-westカード会員専用)(北陸区間は1日前までの予約,変更不可,乗車券込)
      12,130円+390円(都区内までのきっぷ)+特急券6,400円(東海道)+乗車券9,290円=28,210円

      ※WEB早得1には金沢〜東京のほか,飯山・上越妙高・糸魚川・黒部宇奈月温泉・富山・新高岡・小松・加賀温泉・芦原温泉・福井・武生・敦賀・七尾・和倉温泉〜東京・上野・大宮・長野の設定有り(ただし長野発着は「はくたか」のみ)

      ※e早得1には金沢〜東京のほか,富山・新高岡・小松・加賀温泉・芦原温泉・福井・武生・敦賀・七尾・和倉温泉〜東京・上野・大宮の設定有り

      ということで,一番安いのはe早得1で北陸新幹線往復する場合です.二番目に安いのは相変わらずの一周切符(eきっぷとEX予約の併用).乗車券が1枚になることで金額が抑えられています.ただ東海道回りではかかる時間は今まで通りなので,時間に余裕がある場合に限ります.そして横浜から出発する場合は,東京まで30分かかるのでどんなに乗継が良くても金沢までは3時間15分ほど,東海道回りでは4時間15分ほど・・目的地が金沢から福井方面へ,西にずれるほど所要時間は等しくなっていきます.
      | Msa | 覚え書き | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      節分の由来
      0
         
        節分イメージ
        (写真はイメージです)

        今日は節分の日.皆様は豆まきや恵方巻をされたでしょうか?節分とは季節が変わる前日をさすのですが,特に冬から春へのこの2月の節分は,毎年クローズアップされています.春を1年のはじめとすると,立春の前日は大みそかに相当するからでしょうか,イベントが残っているようです.

        なぜ豆をまいて鬼退治をするのか・・調べてみると,二十四節気も方位に割り当てることができ,冬至が北,夏至が南とすると立春は北東でこの方位が鬼門(=鬼が出入りする方角)とされていることから,この方角に一致する立春むけて,あらわれる鬼に豆をまいて目をうちつぶし災厄を追い払おうというのが由来だそうで,平安時代にはもうその片鱗が見られていたそうです.つまり1200年近く続いている風習なのですね.せっかくの良い風習ですから,今後も残ってほしいですね.そのうち鬼をやることになるのかな?

        一方で恵方巻の風習は最近のお話らしく,大阪が発祥の地で,風習が始まってから約80年ほど.戦後になって,土用の丑の日にウナギを食べる習慣に対抗して,立春の時期に丸かぶり寿司を食べようという習慣を広めようとしたのが先駆けだそうで,本格的に全国に広まったのは1998年にセブンイレブンが「恵方巻」という名前で全国展開を仕掛けたことがきっかけのようです.驚きなのは「恵方巻」という名称がその時誕生したということ,今やすっかり節分から連想されるワードになってしまいました.今年の恵方は西南西,我が家でも恵方巻を作ってくれたので,黙々と食べました.食べながら込めた願いが叶うといいです.
        | Msa | 覚え書き | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        6月6日に雨?
        0
           
          ガクアジサイ
          今年は早く梅雨入りした割には全然雨が降らないですね.ムシムシする日もありますが,まだ本格的にはなっていないような気がします.

          梅雨入りとはどうやって決まるか,調べてみました.これまでの天気とこれからの天気予報を元に気象台が判断するということで,前線がここまで北上したら…などという明確な決まりは無いようです.そして「梅雨入りしたと見られる」などと発表されるので,速報値はあくまでも予想.あとで日付を確定し,それが梅雨入り発表日とは異なることもあるそうです.

          雨が降らないと気分的には上がりますが,穀物や野菜,植物にとっては大変なことです.近所のアジサイも咲きそろってきました…がやはり雨が足りない?少し鮮やかさをプラスする雨がほしいですね.
          | Msa | 覚え書き | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          4年に一度の日,雪
          0
             
            今日は2月29日.4年に一度ということで,ブログを更新されている方も多いですね.そして私もその一人.定期更新日ではないですが,更新します.

            ちなみにうるう年の計算方法をご存知ですか?以前,学生のころに,任意の日の曜日を計算するプログラムというのを作った時にその計算方法を覚えました.

            (1)西暦が4で割り切れる年
            (2)ただし,100で割り切れる年はうるう年ではない
            (3)さらにただし,400で割り切れる年はうるう年

            近年では2000年が100で割り切れる年でしたが,同時に400でも割り切れるので,うるう年でした.次に西暦が4で割り切れるのにうるう年ではないのは2100年・・いないね,たぶん.

            うるう年とは,地球の公転周期がおよそ365.2422日ということから,端数の0.2422日×4年=0.9688日となり,1日足されるルール.正確には0.0312日分足りませんから,だんだん季節と合わなくなってしまうような気もしますが,そこは(2)や(3)で調整されているのでしょう.

            では,なぜ1日足されるのが2月か?昔のローマでは2月が年末,3月が年始ということで,2月に足されたのだそうです.では,なぜ2月は28日までなのか?昔のローマ皇帝が,8月を30日から31日に増やしたため,もともと29日であった2月が28日に減ったのだそうな.これもやはり年末だったから.

            そして気になる2月29日生まれの人の年の取り方.現在の法令では,2月28日24時をもって1歳加算されるようになっているようです.確かにこうしておけば,翌日が29日であろうが1日であろうが年はとれますね.なるほど.

            そんな今日は,関東地方で雪の朝となりました.横浜付近は結構関東の中でも降ったところのようで,自宅の周囲は雪がやむまでに5センチほど積もったのではないでしょうか?今シーズン唯一の目立った積雪となりました.帰宅しようとアパートの階段を上るとそこには,

            ゆきだるま
            かわいらしい親子?の雪だるま.うちのおとなりの子ですね,きっと.やっぱり子どもは雪が降ると楽しいんでしょうね.明日の朝まで残ってるといいね!

            | Msa | 覚え書き | comments(6) | trackbacks(0) | - | - |
            新宿へ
            0
               
              走行会の翌日の日曜日は新宿へ.新宿へ降り立つのは非常に久しぶりで,このとき以来かもしれません.もちろん通り過ぎることは何度もありましたが・・・.平日でも休日でも人がすごく多いという印象が強い街です.

              新宿駅の出口ほどややこしいものはないと思います.よく利用する人ならともかく,初めて行く人に「南口」がどこなのかはわかるはずもなく,看板をたどっていってたどり着いたとしてもそこは「人」だらけ.待ち合わせの場所などとして改札口の前を設定するも,会えないんではないかと思ってしまうほどです.おそらく理由は方角を出口の名前に使っているからではないかと思うのですが・・.待ち合わせでお勧めなのは「サザンテラス口」.ここはあまり人がいませんので,わかりやすいと思います.もっとも改札口の位置がぐっと南西よりなので,ホームからたどり着くのが難しいかもしれません.間違った階段を上るとたどり着けません.

              さて,新宿という町の名の由来,ご存知ですか?わたしも知りたかったので,今回調べてみました.現在も国道20号線として新宿駅を横切っている甲州街道,起点は日本橋で甲府に向かって延びる街道ですが,日本橋を出て最初の宿場町は「高井戸」だったそうです.現在の新宿を超えてさらに西側です.1日でそれだけの距離を歩き切るのは難しいということで,江戸時代の少し前からこの地に住んでいた内藤氏の領地の一部を新しい宿場として開放し,「内藤新宿」と呼ばれる宿場を作ったことに由来するのだそうです.ちなみに内藤氏のお屋敷の跡というのが現在の新宿御苑です.

              新宿地区のJR,私鉄合わせた乗降客は1日約350万人.これは現在の横浜の人口よりちょっと少ない人数です(横浜の人口は約370万人).横浜に住むほぼ全員が乗り降りしている駅というのがどうにも想像しがたいですが,この地の繁栄が江戸時代より前から続いていたということは驚きです.人が集まる場所というのは,自ずと定まるものなのですね.
              | Msa | 覚え書き | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
              どの単位がなに?
              0
                 
                最近よく聞く「シーベルト」と「ベクレル」.それぞれ何の単位だか分りますか?

                「シーベルト」は人体が吸収した放射線の影響度を数値化したもの.こんなあいまいなものが単位になるのかと思ってしまいますが,放射線にはいくつか種類があって,人体が吸収しないものもあるようです.また重大な影響を及ぼすものからそうではないものまで,さまざま異なります.時間のごとく,人間があとで決めた指針のような単位なのでしょう.単位名は放射線防護の研究で大きな功績を残したスウェーデン人の「ロルフ・マキシミリアン・シーベルト」より.

                「ベクレル」は放射能の量.1秒間に1つの原子核が崩壊して放出する放射能の量が1ベクレル.こちらは意味合い的には明確なような気がします.おそらく原子の種類によって核の数は異なりますから,放射能の量は原子の種類により異なり,ベクレル数も異なるということでしょう.単位名はウランの放射能を研究したフランス人の「アンリ・ベクレル」より.

                ベクレル数とシーベルト数の直接の関係はありません.ベクレルとは原子の種類での固有値で,シーベルトは放射性物質からの距離や生体の居る環境に左右されます(極端にいえば,隣の部屋でも違うということか).

                東北電力さんのホームページの説明が大変わかりやすいです.

                お勉強になりました.

                | Msa | 覚え書き | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                夜間の離着陸に際し・・・
                0
                   
                  先日の熊本への出張,行き帰りは飛行機だったのですが,行きはいつも使っているJAL,帰りはANAでした.帰りがANAだったのは,単にANAの最終便の方が時間が遅かったからで,実際そのおかげで当日に横浜まで帰ることができました.人生で2度目のANAでしたが,ふと気がついたことが.

                  JALでは「夜間の離着陸に際し,客室内の電気を暗くする」.ANAでは「暗くしない」.そもそもなぜ暗くするのか?そしてJALは暗くしてANAが暗くしないのはなぜ?

                  まずは「なぜ夜間の離着陸で客室の電気を暗くするのか」.

                  皆さんも経験があると思いますが,夜部屋の電灯をつけていると中から外はあまりよく見えません.つまり自分がいる場所が明るすぎるため,周りは真っ暗に見えてしまうのです.その証拠に電灯をつけていない部屋に移動すると目の前が真っ暗になるはずです(そしてまた逆もしかり,真っ暗なところで電灯をつけると真っ白に).もし夜の離着陸時に万が一事故が起こって乗客が外に出なければいけなくなった場合,明るい所から暗い所に行くと視界が真っ暗になり二次災害が起こりうるというわけです.

                  こういう理由とは知りませんでした.今回調べて初めて知りました.
                  中が暗いと外の景色がよく見えていいな,と思っていました.

                  では「なぜJALは消し,ANAは消さないか」.

                  これは残念ながら調べても明確な回答は出てきませんでしたが,多いのはANAでは万が一の場合も照明が付いていれば機内の状況をつかみやすく,的確な判断が下せるためとのこと.

                  どちらの意見もありだと思います.が,それ以前に万が一の事態を引き起こさぬよう,日々の整備に精進していただきたいものです.

                  | Msa | 覚え書き | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                  「のち」「時々」「一時」
                  0
                     
                    天気予報の中で「のち」,「時々」,「一時」という言葉があります。その違いは?

                    「のち」・・予報期間内の前後で天気が違う場合に使う
                    「時々」・・断続的に現象が起き,その現象が起きる合計時間が予報期間の1/2未満
                    「一時」・・連続的に現象が起き,その現象が起きる合計時間が予報期間の1/4未満
                    (断続的とは,現象の切れ間が約1時間以上.連続的とは,現象の切れ間が約1時間未満)

                    つまり,「一時」よりも「時々」の方が雨という予報であれば,雨が降っている時間が長い「かもしれない」ということですね.こんなに細かい使い分けがされているのには驚きです.

                    なぜこんなことを急に思ったかといえば,先日新幹線で移動中に,客室内の情報表示でみた天気予報が変?だったからです.

                    「金沢・・・雪時々止む」

                    そんな予報あり!?と思ってしまいましたが,意味合いを考えてみればそうかもと思います.一方で,晴れや曇りの定義を考えてみると,やはり「時々止む」はおかしいのではないかと思います.止んでいる間の天気は曇りなのでは?

                    快晴・・雲量が1以下
                    晴れ・・雲量が2以上8以下
                    曇り・・雲量が9以上で降水が無い

                    このほかにも天気予報に使っていい言葉,あまり使わない方がいい言葉,言い換えなど気象庁・予報用語のページに詳しく載っています.勉強になります.



                    | Msa | 覚え書き | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                    「越し」と「ぶり」
                    0
                      数少ない,覚え書きカテゴリーを更新します.
                      今回は「〜年越し」と「〜年ぶり」の違い.

                      産経新聞のweb記事より,東北新幹線全線開業の記事を例に,「東北新幹線,39年越しの全線開業」「東北新幹線,28年ぶりの全線開業」という表現に関して,昭和47年基本計画策定(→39年越し),昭和57年大宮〜盛岡開業(→28年ぶり)を基準にどのような表現をしているかを解説しておりました.なぜ昭和57年−昭和47年=10年なのに,39年越し−28年ぶり=11年なのか?

                      「越し」・・・起算年月日時間を含む
                      「ぶり」・・・起算年月日時間を含まない

                      大まかには上記のとおりですが,年を扱う場合には期間としての「年」もあるので,何月の出来事かというのが重要になってくるようです.でも「ぶり」を使うことの方がほとんどのような気がします.年次の大会で「2年ぶりの優勝」という場合には,間に2大会あるわけではなくて,間に優勝できなかった年が1大会あるということになりますね.

                      元ネタはこちら → http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110102-00000505-san-soci

                      | Msa | 覚え書き | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |