無料ブログ作成サービス JUGEM blogram投票ボタン




ジオターゲティング
春の出雲旅行1〜サンライズ夜編
0
     
    明日でスタートから1週間経ってしまいますが,先週の出雲旅行の様子を何回かに分けてご紹介いたします.

    もうすぐサンライズが来る!
    今回の旅行は3月21日から準備が始まりました.この日はちょうど旅行開始の1カ月前.旅行のスタートとなる「サンライズ出雲」の指定券が発売になる日です.今まで2度トライして指定が取れなかったということもあり,今回は始発で横浜駅に向かいました.既に「カシオペア」や「北斗星」なき今,10時打ちの列に並ぶ人も少なく,この日は私一人.第二希望でしたが無事指定券が取れたのでした.それからワクワクの1カ月,9時ごろに自宅を出発し,車内でとる朝食を入手してから横浜駅に向かいました.

    「出雲市」行き
    最寄駅から横浜駅は区間重複するためいったん改札を出て,出雲市駅までの乗車券で入場しなおします.帰宅で混雑する横浜駅の下りホームに到着したのは,サンライズ出発の20分ほど前.ここまで元気だった娘は列車を待っている間に寝てしまいました.そして22時23分,6番線ホームに定刻通り「サンライズ出雲・瀬戸」号が入ってきました.抱っこしていたこともあって前面の撮影はできませんでしたが,乗車する9号車の前で行き先をパチリ.普段見慣れぬ「出雲市」行きの表示に興奮が高まります.

    この日のお宿
    取れた部屋は9号車の「シングルツイン」.1人でも2人でも使える部屋で,2段ベッドになっています.通路を挟んで1部屋ずつの配置ですので,ベッドの幅がほぼ部屋の幅になっていてちょっと狭いですが,まずは寝てしまった娘を寝かしてしばらくの間は夜景を堪能.これまで上野発着の夜行列車にしか乗車したことがなかったため,東京から西へ向かう車窓は初めてで自宅最寄り駅も改めて通過.熱海に到着するころまで,いろいろと話しながら過ごしました.それから就寝となりましたが,私は富士駅に停車したのを最後に停車駅でしか記憶がありません.妻は娘との添い寝でやはりちょっと狭かったようで申し訳なかったです.そして先に寝ていた娘は夜中に起きてしまい・・

    (つづく)
    | Msa | 旅行 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    旅行継続中
    0

      昨日の仕事終わりから始まった出雲旅行ですが,無事に今日の日程をこなし(けっこう移動の電車に左右されパツパツでしたが),今日の宿に到着しました.娘も歩いたり走ったり,抱っこされたり寝たりと頑張ってくれました.宿近くのお店で夕食をいただき,本日は終了.また明日もいっぱい楽しめるといいね.

      旅行記はまた改めて書こうと思います.
      | Msa | 旅行 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      ついに乗ります!
      0
        ついにサンライズ!
        今日の仕事終わりは金曜日では珍しく定時退社で.というのも,大事な大事な予定があるためです.長らく乗りたいと思い続けておりました寝台特急「サンライズ出雲」についに乗ります.娘は夜に出かける違和感がありながらもまだ元気で,何となく会話からわかっているのか「今からでんしゃ」「今からしまねっこ」と言っております.

        ・・うまく寝られるかな?と思っていましたが,先ほど抱っこ中に就寝.朝起きたら電車の中でビックリするでしょうね.

        | Msa | 旅行 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
        米寿のお祝い
        0
          お祝い膳
          昨日は私の実家へ泊まりましたが,今日は朝食後に電車で移動して,妻の実家へいきました.昨日の結婚式に引き続き,今日は義祖母の米寿のお祝いです.私に絡むところでは,父方の祖母,母方の祖父に続き三度目のお祝いでした.そう思うと皆長生きでありがたいことです.娘も花束を渡すなど活躍してくれました.これにあやかって長く健康に過ごせますように.お祝いのお料理もとても豪華で美味しかったです.これまた娘にも立派な御膳が出てきまして…全部は食べられませんでしたが,好きなものはおいしくペロリと平らげていました.

          帰りも飛行機
          帰りの飛行機は夕方だったので,お祝いが済んだあとはひと休み…となったのは私くらいで,皆様は娘と遊んでくれました.たくさん遊んでもらって相当楽しかったのか昼寝はなし.でもやっぱり相当疲れたようで,小松空港で飛行機に乗った辺りは元気だったのですが,離陸した後くらいに眠りにつき,自宅に帰ってくるまでの約2時間30分はほぼ熟睡.抱っこがしんどかったですが,無事帰宅できて何よりでした.ちなみにまだその続き,寝ています(。-ω-)zzz
          | Msa | 旅行 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          実家へ飛行機移動
          0
            搭乗口でもう疲れた
            この週末は何の変哲もない普通の週末ですが,妻の親戚の結婚式に出るために実家へ帰ることになりました.日取りは前からわかっていたので,今回は早めに予約してみました.おかげさまで新幹線より安く,何と片道8,000円での移動です(小松空港までの値段ですが…).ちょっと朝も早くからの移動だったので,娘も搭乗口前でストライキ…第2ターミナルの67Bは遠かったです.

            飛行機に乗ったら
            飛行機は満席で,搭乗便の変更を募集するほどでした.飛行機に乗ってからはご機嫌になりました,折り紙をもらってご満悦.約1時間のあいだは大人しくしていてくれました.飛行機を使いながらも約4時間の移動は無事終了.曇りで外の景色はあまり見えませんでしたが,久しぶりに飛行機移動を楽しみました.
            | Msa | 旅行 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
            いちご狩り日帰り旅行
            0
               
              家族三人で旅行,という定義が難しいですが,これまで帰省以外では親戚の結婚式や近いところでは昨年出張に絡めて浜松に行ったことなどが前例としてはあります.しかし今回の旅行は前例にないことが一つ,最初から最後まで私たちだけということ.日帰りの旅行ですが,まずは関東圏への「いちご狩り」を企画しました.

              「かいじ101号」に乗って
              JR東日本の企画ツアーに参加したので,出発は新宿駅から.横浜からはちょっと遠回りになりますが,途中から乗るよりも始発駅からの方が気分は旅行っぽいですね.乗ったのは「かいじ101号」,春休みが始まりかけの三連休中ということもあり,予約で満席でした.私と妻は以前松本経由で帰省した時に乗ったことがあるのですが,娘はもちろん初めて.しかし景色に興味があるわけでもなく,テーブルを出したり閉めたり,ロールカーテンを開けたり閉めたりしながら楽しんでいました.山梨県に入ってしばらくの塩山駅にて下車します.

              初めてのいちご狩り
              向かったのは「しまむら農園」さんです.こちらも本日分は予約でいっぱいとなっていましたが,そこに滑り込めてよかったです.塩山駅から送迎の車に乗り込み,11時半ごろからハウスに入りました.いちごが大好きな娘も,ハウスの中では大興奮!あまりお客さんが入っていない畝でいちご狩りを始めました.娘の様子を見ながらだったので,正直いっぱい食べられた感じではなかったのですが,娘も自分でもいで食べている姿を見て満足です.妻もいっぱい食べられたようでよかったです.まだまだいっぱい実がなっていて,イチゴ自体も甘く練乳なしでもいけるほど.私自身も小学生以来のいちご狩りを楽しめました.

              帰りは勝沼ぶどう郷駅から
              そのあとは勝沼の「ぶどうの丘」という施設に移ってお昼ご飯・・のはずでしたがここで事件発生.帰りの電車のきっぷを紛失.どうやらいちごのハウスへ移動した時にズボンのポケットに入れ,何かのタイミングで他のものを出したときに落とした(と思われる)のです.農園の方にも探していただいたのですが見つからず,断念することにしました.せっかくの旅行なのに無くしてしまいちょっと私自身ががっくり来てしまいましたが,いちご狩り前でなくて良かったと思うことにして,昼食の後の帰りは自力で再手配.特急に乗らずに帰ることにしました.最寄りの勝沼ぶどう郷駅では通りすがりながらかつてのスイッチバック駅の名残を見学し,普通列車に乗車.滞在は30分短縮されましたが,横浜線経由で到着時間は特急利用の場合と大差なく帰れました.帰りは高尾までの電車でみんなぐっすり.

              日帰りながら隣県への電車旅行,事件もありながら楽しく行ってこられたと思います.娘の記憶に残ってくれれば幸いですが,せっかくだからいつもの週末ではないときを過ごさせてあげたいし,私たちも旅行からは遠ざかっていたので味わえるといいです.とりあえず「いっぱいいちごを食べた」ということは今日は覚えていました.またいちご狩り行こうね.
              | Msa | 旅行 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
              新潟から金沢へ
              0
                 
                すっかり忘れたころに,昨年末の会津若松周りの帰省のお話です.あっという間に2か月たってしまいました.新潟まで進んでいましたが,今回はその先.

                新潟駅を出発
                12月30日の新潟は晴れ間も見えるまずまずのお天気.お土産を買うため少し早めに宿を出て,新潟駅に向かいました.この日の移動も普通列車が中心です.自宅最寄り駅を出てからここまでずっと各駅停車です.まず新潟からは長岡まで信越本線経由で向かいますが,その途中新津駅を再び通過し,新潟県のデルタが完成しました.

                上越線もこの車両
                その先も一つずつ駅に止まっていき,長岡に到着.ここで1時間近く待ちます.実際電車がないのもありますが,これよりも効率が良い接続がなく・・.列車を待っている向こう側のホームには上越線の水上行の普通列車がやってきました.越後湯沢よりも南に向かう列車自体,本数が少ないはずですが,ここにもこの新型車両.長岡で折り返しだったのでいっぱいの雪をつけて到着し,再び雪山へ向かっていきました.

                雪景色のち海景色
                長岡からは115系に乗車.海側の座席を確保して車窓をたっぷり堪能してきました.海に出るまでの区間は山間のためご覧のような雪景色.でも雪は少なめでした.実際雪は少なかったようで,今シーズンを通して新潟でも例年の半分程度しか雪が降っていないそうです.長岡を出た普通列車は第三セクターとの接続駅である直江津駅が終点です.

                トキめき鉄道
                以前このルートを通った時は,長岡から特急「しらゆき」に乗って直通しましたが,今回は乗り換えです.えちごトキめき鉄道には初めての乗車です.区間としては何度も通っているので新鮮味はないですが,ちょっとだけ違う気分で上越妙高駅に到着です.いよいよここが普通列車の旅の終着地点.

                上越妙高より新幹線
                ここからはようやく新幹線に乗車です.30日ということでしたが,結構な混み具合で席を確保しておいてよかったと思いました.確保していた席は海側,上越妙高の次に到着するのは糸魚川駅です.1件の火事から発生した炎が風にあおられ燃え広がった大火から1週間後でした,まだまだ現場は生々しく,年末の帰省でその形式を目の当たりにした方も多かったようです.そこを過ぎたらウトウトと,各駅停車ではありましたが富山を過ぎるころまで寝てしまいました.金沢に到着後は再び普通列車に乗り換えて,妻と娘と再会!電車もいいけどやっぱりみんなで楽しみたいですね.

                (年末帰省旅行記 おしまい)
                | Msa | 旅行 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                会津若松から新潟へ
                0
                   
                  しばらくお休みしていました旅行記を,またぼちぼちと始めます.

                  会津若松からはキハ
                  会津若松からは同じ磐越西線を進みますが乗り換えが必要です.途中の喜多方までが電化区間で,その先は非電化区間のためです.郡山からもわずか数本ですが喜多方までの直通列車がありますが,大概は会津若松から新津,新潟までの直通列車です.私も新津までの直通列車に乗ります.新潟色のディーゼルカーでした.

                  沿線は冬模様
                  福島県から新潟県に行く,というのはものすごく遠いイメージがありました.福島県が大きいという印象からでしょうか.しかし郡山の位置で太平洋から3分の1,会津若松までくれば3分の2は進んでいますので,案外遠くはないものです.しかし新津までは2時間40分ほどかかります.喜多方までは同じ盆地の中を進みますが,その先は進路を西に変えて山に分け入ります.山に入るほどに雪が深くなる・・かと思いきやそうでもない感じでした.でもきっと今頃は大変なんでしょうね.

                  新津駅に到着
                  ディーゼルカーでゆっくりと進みますので,駅間が長く感じ,早起きの後遺症が出てき始めました.しかし時々人の折々がありまして,ドアからくる冷気に目を覚まされること数回.だんだんと周囲が暗くなり,真っ暗になるころには山間部から平野に出てきました.定刻通り新津駅に到着しました.新津駅は新潟駅の手前で,信越本線の途中駅ですが,磐越西線の終着駅の他,羽越本線の始発駅でもあります.おかげで駅名標はご覧のとおり隣の駅が4つもあるのです.

                  次なるは羽越線
                  持っているきっぷは新津駅から信越本線を西に進むルートとなっていますが,宿泊地は新潟駅近くのため,新潟駅に向かうため一度改札を出てsuicaで入り直し.で,新潟に向かうには信越本線の列車に乗れば5駅で到着しますが,ここは以前も通ったことがあるのでルート変更.新潟駅への出入り口は信越本線か白新線になることが多いので,羽越本線に始発から乗車することに.いつの間にか新潟近郊の列車はこちらのE129系ばかりになっておりました.一気に車両の入れ替えになりましたね.

                  新発田駅に到着
                  発車までしばらく時間があったのですが,早めに車両がやってきてくれて助かりました.新津駅のホームは場所によって風が吹き抜けて寒い寒い・・多方面からやってくる乗り継ぎ列車が相次いで到着しましたが,乗り換え客をわずかに載せて出発しました.せっかくの乗車ですが外は暗く,本当に「乗った」だけになってしまいましたが,終点の新発田駅へ到着.ここは以前も通過したことはあるのですがホームに降り立つのは初めてです.でもホームに降り立つ必要は実は無く,乗ってきた列車がそのまま白新線の新潟行きの列車に変わりました.でも降り立ってみたくてね.その後も乗車を続け,無事新潟まで到着できたのは先般の記事のとおり.移動はまた翌日も続きました.(つづく)
                  | Msa | 旅行 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                  郡山から会津若松へ
                  0
                     
                    郡山駅献血ルーム
                    郡山駅について,11時の予約時間に合わせて向かったのがこちら.遠回り帰省時恒例の献血です.今回は福島県で献血です.郡山駅献血ルームは駅の高架下のはずれにある献血ルームで,ちょっと場所がわかりにくいのですが,事前に調べておいたので難なく到着しました.他の献血ルームとの違いは,ズバリ高架下!新幹線の線路の下にあるので,採血を待っている間にもゴォーッと新幹線が通過していきます.新幹線の通過音を聞きながら献血ができるなんて,初めてのステキな経験でした.

                    磐越西線スタート
                    献血がいつ終わるかによって,次に乗る電車が変わってきますが,幸い20分ほどの待ち合わせで電車に間に合いました.ここからは会津若松に向けて磐越西線に乗車します.ちなみにこれを逃してしまうと次は1時間後(しかも快速ではなく各停)ということもあり,私が乗車した時には既に結構人が乗っていて,会津若松までは先頭かぶりつきで向かうことになりました.あかべぇが描かれた列車に乗って出発.

                    磐梯山もきれいに見えます
                    もちろん初乗車の路線ですので,通過駅も含めて楽しませてもらいました.郡山を出ると最初の駅は,今年3月に新しく開業する郡山富田駅です.建設中ですのでもちろん通過しますが,こんな路線にも新駅ができるほど発展してきているのでしょう.しばらくすると沿線も一面雪化粧した状態になりましたが,お天気は晴れ.車窓右手に磐梯山もきれいに見えました.

                    会津若松到着
                    無事に会津若松駅に到着しました.その昔は上野からここまで直通の特急が来ていたのですね・・上野駅で特急「あいづ」を見た時を思い出しながら,駅の中や改札の外をうろうろ.ちょっと変わっているなと思うのは,郡山から会津若松へは北から進入,そして新津に向かうときも北へ出発.そして南に向かうのが只見線です.磐越西線の方が大きいと思っていたのですが,直進はできずスイッチバックが必要なのですね.只見線もいつか挑戦してみたいですが,災害不通の区間がどうなるかが心配です.話は戻りますが,私はここから北上し新津を目指します.(つづく)
                    | Msa | 旅行 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                    横浜から郡山へ
                    0
                       
                      宇都宮からはこちらの車両
                      本日より折を見て,年末の実家までの移動のお話をしたいと思います.出発は当日の記事に書きましたが,横浜を6時過ぎに出発.上野東京ライン宇都宮行に乗車しました.早朝の(しかも年末の)列車にもかかわらず,私が乗りこんだグリーン車は川崎駅でほぼ満員.しかしながら何とか窓側席を確保して宇都宮までの車窓を楽しみました・・といいつつ,久喜までは群馬出張で見慣れた風景.久喜より北が楽しかったです.そして8時過ぎに宇都宮に到着.ここからはメルヘン205系に乗り換えて黒磯を目指します.

                      黒磯駅到着
                      黒磯駅は以前から来てみたかった駅の一つで,前回ここを目指したときは未遂に終わっております.というのもちょうど東京駅に到着したころ,東北地方で岩手・宮城内陸地震が発生し,新幹線をはじめすべての列車が止まり到達できませんでした.それ以降,この駅の上を新幹線で通ることがあっても,駅に降り立つことはなく・・・しかしそれから約8年経って到着.駅自体が交直セクションとなっている珍しい場所で,それにかかわる施設を列車内からも確認できました.30分程度の乗り換え時間はあっという間に経過.

                      次はこちらの車両
                      黒磯からは一気に東北色が強まり,交流電車に乗車します.列車が込み合うのではないかと心配でしたが(実は宇都宮から黒磯までは立ち移動でした),6両編成にちょっと安心しました.無事席も確保して黒磯駅を出発.栃木と福島の県境を超えてのんびりと参ります.当日は冬型が強まると予想されていましたが,このへんでも雪はなく,予定通りの移動でした.人が多いわけ,何となくわかりました.青春18きっぷですね.私も新幹線に乗らないのだからそれでもよかったかもしれませんが,旅の後半(横浜までの帰り)が特急&新幹線移動なもので.

                      郡山駅到着
                      10時40分ごろ,無事に最初の目的地郡山駅に到着しました.郡山駅に来たのは約5年前の出張以来,少し余裕があった時間で駅内を探索.こんなところだったかなと思いながら,予約時間が迫る中,目的地に向かいました.(つづく)
                      | Msa | 旅行 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |